アーカイブ

Dr.Hugo Schmoekelの小動物整形外科手術Ⅱ-TPLO,CBLO,TTA-Rapid-

日時:2019年1月26日(土)、1月27日(日)
場所:医療研修施設「ニプロiMEP」

講師:Hugo Schmoekel (DrVetMed DipECVS PhD MRCVS)
定員:24名

十字靭帯の治療には様々な手技が存在します。このコースではTPLOとCBLOの手技、利点、最小限の合併症で手技を実施するための理想的な症例選択に焦点をあて、座学と実習の両方を1日で行うことで、これらの手技に自信を持って取り組めるようになることを目標としています。TTA Rapid手技を達成するために、TTA Rapidの手技、インプラントと器具、術後管理、起こりうる合併症とその回避方法に関して総合的に解説します。正しいTTAを行うためのケージサイズの算出方法を学習した後、実習を行います。 このコースは十字靭帯疾患の診断と膝関節の手術の経験が既に豊富な方を対象としています。半月板の観察・検査には焦点をおきません。骨切り術の経験は必要ありませんが、ある方が有用です。

お申込み、詳細はこちら
http://www.improveinternational.jp/

Dr.Hugo Shmoekelの小動物整形外科Ⅰ‐骨折修復術‐

日時:2019年1月24日(木)、1月25日(金)
場所:医療研修施設「ニプロiMEP」

講師:Hugo Schmoekel (DrVetMed DipECVS PhD MRCVS)
定員:24名

小動物の骨折に対するアプローチの原則に重点を置いたコースです。骨折は獣医整形外科において頻繁に遭遇する疾患の一つであり、様々な種類の骨折に対する迅速かつ正確な判断が外科医に求められます。このコースでは実習を通して最も頻繁に用いられる骨折治療の手技を習得することができます。すべての講義では講師によるオリジナルの教材 を使用し、実践的なトレーニングを行います。講義と実習は18名の少人数制で行われ、講師は現在、骨折修復術、関節手術において最も活躍し人気を博しているDr.Hugo Schmoekelをお迎えしました。

お申込み、詳細はこちら
http://www.improveinternational.jp/

ショートコース 腹腔鏡手術-初級- NEW〈終了〉

日時:2018年7月26日(木)、27日(金)
場所:医療研修施設「ニプロiMEP」

講師:Eric Monnet,DVM,PhD,FAHA
定員:18名

このコースでは、犬と猫への腹腔鏡検査法の原則と基本的なアプローチ法を学びます。腹腔鏡検査の基本的テクニックから、肝臓、膵臓およびその他の器官のバイオプシーテクニック、全層腸バイオプシー、腹腔鏡下胃腹壁固定術およびGI異物除去、経皮空腸廊チューブの設置と停留精巣切除術など、詳細に学びます。腹腔鏡下アシスト膀胱鏡検査についても解説され、ドライおよびウェットラボ環境での腹腔鏡技術と機器の取り扱いについての実習も含まれています。
講義と実習は18名の少人数制で行われ、日々の臨床に即戦力となるようトレーニングを行います。
例年満席となっております大変人気のセミナーですので、受講をご希望の方はお早目のお申込みをお待ち申し上げております。

お申込み、詳細はこちら
http://www.improveinternational.jp/

ショートコース 腹腔鏡手術-上級- NEW〈終了〉

日時:2018年7月28日(土)、7月29日(日)
場所:医療研修施設「ニプロiMEP」

講師:Eric Monnet,DVM,PhD,FAHA
定員:18名

このコースは腹腔鏡手術において経験豊富な小動物臨床医のために企画されており、腹腔鏡手術における高度な手術手技を取得するために企画されておりますので、このコースの受講には腹腔鏡手術に関しての一定の知識と経験を要します。すべての講義では講師によるオリジナルの教材 を使用し、実践的なトレーニングを行います。
講義と実習は18名の少人数制で行われ、講師は現在、軟部組織手術において最も活躍し人気を博しているDr.Eric Monnetをお迎えしました。
例年満席となっておりますので、受講をご希望の方はお早目にお申し込みください。

お申込み、詳細はこちら
http://www.improveinternational.jp/

Improve Internationalの実習セミナーに適用される助成金制度

Improve Internationalの実習セミナーを受講することによって、条件を満たせば厚生労働省による雇用する労働者のキャリア形成を効果的に促進するための、職務に関連した専門的な知識および技能の普及に対して助成する制度が適用されます。
動物病院において勤務医のキャリア形成の効果的な促進のため、35歳までの入社5年未満までの勤務医を対象に、目標が明確にされた職業訓練の実施、自発的な職業能力開発の支援を行う動物病院に対して、訓練などに要した経費及び訓練実施期間中の賃金の一部などを助成する制度です。

①職場定着支援助成金
一律100,000円+600,000円(翌年度離職率が下がった場合)
キャリア形成促進助成金(講義時間が20時間以上のコースに適用)

講義時間 支給される助成金
20時間以上~100時間未満 150,000円
100時間以上~200時間未満 300,000円
200時間以上~ 500,000円

 

③賃金助成
講義時間×800円

例)①小動物外科学コースへ勤務医を受講させる場合
職場定着支援助成金100,000円+600,000円、キャリア形成促進助成金300,000円、賃金助成176時間×800円=140,800円
合計1,140,800円が支給されます。

例)②小動物外科学コースと2日間のショートコースを2コース組み合わせて受講する場合
職場定着支援助成金100,000円+600,000円、キャリア形成促進助成金500,000円、賃金助成(176時間+32時間)×800円=166,400円
合計1,366,400円が支給されます。

各コースの最新情報はhttp://www.improveinternational.jp/index.phpをご参照ください。

*職場定着支援助成金は1病院あたり1回限り支給されます。その他の助成金は年に3回まで申請することができます。申請は、各都道府県の労働局へ申請書類を提出することになります。お近くの社労士へご相談いただくか、弊社よりご紹介させていただくこともできます。

お問合せはこちら
info.jp@improveinternational.com

GPCert Course Small Animal Surgery English Version (Opened course!)

General Practitioner Certificate Programme in Small Animal Surgery

The programme has been designed to enable you to-
•Gain a Postgraduate Certificate GPCert (SAS) qualification in two years.
•Develop new enthusiasm and confidence in your surgical capabilities.
•Gain qualifications which put you at the forefront of your field.
•Access training which is developed and delivered by world-renowned experts
teaching the latest techniques.
•Increase your knowledge and reduce the need for external referral.
•Provide the skills needed in everyday practice.
•Benefit from a structured approach utilising taught, practical and case based learning.

All in a flexible and convenient way to fit learning around busy schedules.

Introduction
The two year modular programme is delivered over 22 sessions.Year one modules will focus on soft tissue surgery-the eight taught moduls will cover a range of subjects including gastro-intestinal surgery,urinary and reproductive surgery and ear and upper airway surgery.These modules will be complemented by four full day practical sessions.Year two modules cover orthopaedics and spinal surgery delivered via six taught modules and four full day practical sessions covering joint and fracture repair,bone grafting,external skeletal fixation and spinal surgery.

– See more at:
http://www.improveinternational.jp/page/curso_90_5_small%20animal%20surgery%20english%20only%20%20草津市

 

GPCertコース 小動物外科学コース 4開講!<開催中>

2015年より開催いたしております Improve International外科学コースの第4回目のコースを2018年1月より開催いたします。このコースは、最大人数24名までの少人数制で1年目は軟部外科、2年目は整形外科について毎月2モジュールずつ、各11モジュールの授業と実習を行います。すべてのモジュールにはE-learning、授業内容への認知度を図るプレ・モジュールテスト、授業の修了後は理解度を図るポスト・モジュールテストを行います。
また、すべてのモジュールの修了後は、イギリスの学術団体ESVPS(European School of Veterinary Postgraduate Studies)が認定する、世界標準の認定医資格であるGPCert(General Practitioner Certificate:獣医総合診療認定医)の受験資格が得られます。2017年5月に日本で行われたESVPS GpCert in Small Animal Surgeryの試験では、22名がGPCertを取得しました。

Improve International JAPANの詳細はこちら
http://www.improveinternational.jp/index.php

ESVPSのサイトはこちら
https://www.esvps.org/home/

Improve International JAPAN〈実習セミナー〉 2017 年間スケジュール

<受講生募集中!>

 日程 タイトル
2017年4月7日(金),8日(土) 小動物外科学Ⅲ(座学)
2017年5月18日(木),19日(金) 小動物外科学Ⅲ(実習)
2017年5月20日(土),21日(日) 腹腔鏡手術〈ベーシック〉
2017年5月22日(月),23日(火) 腹腔鏡手術〈アドバンス〉
2017年6月7日(水),8日(木)  Dr.Ulrich整形外科シリーズⅠ <骨折と脱臼>
2017年6月13日(火),14日(水)  Dr.Ulrich整形外科シリーズⅡ <猫の整形外科>
2017年7月13日(木),14日(金) 眼科手術 <ベーシック>
2017年7月15日(土),16日(日) Dr.Gert軟部外科シリーズⅠ <耳、鼻、咽頭の手術>
2017年7月18日(火),19日(水) Dr.Gert軟部外科シリーズⅡ <再建外科手術>
2017年9月12日(火),13日(水) Dr.Hannes整形外科マスタークラスⅠ <十字靭帯疾患>
2017年9月14日(木),15日(金) 小動物外科学コースⅢ(座学)
2017年9月16日(土),17日(日) Dr.Hannes整形外科マスタークラスⅡ <膝蓋骨脱臼>
2017年10月7日(土)~ 犬と猫の口腔外科学 GPCertコース
2018年1月20日(土)~ 動物看護師臨床テクニック
2018年1月25日(木)~ 小動物整形外科手術アドバンス -AO-
2018年1月25日(木)~ Small Animal Surgery English Course
2018年1月27日(土)~ 小動物外科学コースⅣ
2018年9月19日(水),20日(木) Dr.Hannes整形外科マスタークラスⅢ 骨折修復アドバンス
2018年9月22日(土),23日(日) Dr.Hannes整形外科マスタークラスⅣ 脊椎手術

詳細のお問合せ: info.jp@improveinternational.com

犬と猫の歯科学と口腔外科学〈開催中〉

日時:2017年10月7日(土)~
場所:医療研修施設「ニプロiMEP」
定員:24名

歯科および口腔外科におけるGPCertプログラムは、口腔の病理学および手術に関心を持つ獣医師を対象としており、特に歯科医学を重視しています。このコースでは、歯科および口腔外科(歯周病学、歯内治療、口腔外科など)、歯列矯正の処置にいたる、解剖学およびすべての専門分野が含まれています。 このコースはまた、7モジュールの座学によって理論的な側面がカバーされ、6回の実習では日常の診療でよくみられる小動物歯科の事例を着実に診断し治療にあたれるよう構成されています。小動物歯科において活躍する著名な講師を招き、それぞれの専門分野(腫瘍学および麻酔科)を学びます。実習では、歯科治療に用いる適切な材料や機器についても学びます。

このコースはESVPSにより承認されており、受講を修了した者はGPCertの受験資格が得られます。

お申込み、詳細はこちら
http://www.improveinternational.jp/

GPCertコース 小動物外科学3〈終了〉

Dr.Ulrich5 Dr.Ulrich1 Dr.Ulrich220170126154732

小動物外科学コース3の授業の様子をお知らせします。
2017年11月14日、15日、16日、小動物外科学コース3の実習の授業がが行われました。
このたびの授業では、ベルン大学のUrlich Rytz教授をお招きして「外部および内部の創外固定」、「前肢の関節および骨折の手術」、「後肢の関節および骨折の手術」についての実習の授業が行われました。
受講者の先生方は、あらかじめe-learningで予習とプレ・モジュール・テストを行い
授業に参加します。授業終了後のポスト・モジュール・テストが行われ、授業の理解度を図ります。 
このコースはESVPS(European School of Veterinary Post graduate Studies)監修のプログラムで、コース終了後はGPCert (General Practitioner Certificate)、総合診療医認定証を得るための受験資格が得られます。

詳細はこちら
http://www.improveinternational.jp/